「那珂川の家」no.5 付加断熱工事 | やなぎたハウジング

たどりついたコンセプトはシンプル・イズ・ベスト。
北関東で快適なのに低燃費な新築・断熱改修工事をしています。

社長ブログ

2020/5/18NEW

「那珂川の家」no.5 付加断熱工事

付加断熱工事
断熱材はグラスウールで、密度20、厚み105mm、熱伝導率0.035
国内産では最高の断熱性能です。

透湿防水シートはタイベック幅3m

タイベック(白色)部分は東側
・・・お気づきでしょうか・・・
窓がありません。それは西と共に、小生の設計の基本です。
意外と朝日は邪魔、夏の日射はここまで断熱すると有害です。
しかし、必要な場合もありますよね、その時は外部でしっかりと日除けする
そして、毎年日除けをする。が、年を追うごとに忘れる方が多いですね。(>_<)

サッシ下の防水シートはタイベックの専用シート
使用する訳はタイベック同様に透湿して防水するから。
サッシとタイベックの取り合いのテープは
始めにサッシ廻りに「両面テープ」その上「タイベック」その上から「片面テープ」
【テープは必ず圧着する。ちょこちょこ撫でたぐらいではダメ】
ここも防水の肝です!!!

タイベックがよく書かれてるなと思う方も
同じ商品の中では価格はトップクラスですが、宇都宮に
工場があり、そこでの他社製品も含めて、
直接日射を浴びる暴露実験を見ると
使うことになるでしょうね。外壁の中に使うので直接太陽にさらされることないでしょうが
透湿防水シートを貼りました。直ぐ外壁が貼れるとは限りませんが。
まあ、そのくらいの時間では
他社のものでも影響は無いでしょう。でも住宅と言うものを考えるとどうでしょうか。

ところで断熱材の施工として、特に付加断熱では
面倒なグラスウールをなぜ使うのでしょう❓​
​​​
TVニュース

その訳は

 最後までお読みいただきありがとうございました。


我がの枯れた木に「コゲラ」と言うキツツキが穴を2~3日で開け
住み着いています。一羽しか確認できず。なので
ねぐらなのか、抱卵してるのか、解りません。
とりあえず、近づきすぎないように、様子を見ています
時々穴から顔出していますが、脅かしてもと、
穴だけの写真です

地面の白い粒粒は掘り出した木くずです。
コゲラ
しばらく、周辺の草取りができません。(^^)/・・・「さぼる理由ができた。」