ブログ、ご無沙汰しています。その訳 | やなぎたハウジング

たどりついたコンセプトはシンプル・イズ・ベスト。
北関東で快適なのに低燃費な新築・断熱改修工事をしています。

社長ブログ

2021/11/22NEW

ブログ、ご無沙汰しています。その訳

唯一の趣味はロードバイクに乗る。

20年前は草レースに向けて練習目的で乗っていました

ここ10年来は「健康と美容?」を目的に飛ばすこともなく乗ってる、つもりでしたが、10月10日いつものコースの緩い下り坂で“こけて“大腿骨骨折で約40日間の入院。で、ご無沙汰です。(>_<)

仲間内では、○○さんがこけて、鎖骨骨折はたま~に聞きますが大腿骨転子部骨折は小生が初めてかなと思っています。

スタートして、こけて、気が付いて救急車を呼ぶまでの記憶が飛んでしまいました。
『なんで、そんなところで・・・』と聞かれても❓です、
10/11の手術の翌日から軽いリハビリがはじまりました。

9日後リハビリ病棟へ
そこでは、休みなく、一日/一時間/三回のリハビリでした。
リハビリの先生方ありがとうございました!

今思うと、無意識で事故の予感か
いつもより、先手先手の材料手配、各工程の職人の手配等、をしていました、担当の大工さんは10年以上、小生と高断熱住宅を一緒に造ってきました。ので
ほとんどの打ち合わせはラインでOKでした。
リハビリ病棟なのでどこでもスマホOKは助かりまた。

小生は、通常は現場での作業は無く、見に行く程度なので退院翌日から事務所で仕事して時々現場に行っています。
只今、杖を使っての歩行です。

不幸中の幸い?
左足なのでオートマなら運転できるので助かりました。
「骨折箇所が、ちょっと上なら人工関節を入れるところでしたよ。本当に良かったですよ。」と、手術をして頂いたドクターに言われました。
整形外科の手術は大工工事みたいなものとの思いがあり男性ドクターと勝手に想像していたら、女医の先生でした。

こけた、場所はいつものウオーミングアップの後半
どう考えても、最大、打撲ぐらいで済むはず。

災難はいつ来るかわかりません。
本当に怖い坂は、【まさか】の坂です。

来年はコロナが下火なら初詣に行きます。