暖気が循環する家 – やなぎたハウジング

たどりついたコンセプトはシンプル・イズ・ベスト。
北関東で快適なのに低燃費な新築・断熱改修工事をしています。

施工例

暖気が循環する家

益子町・ I様邸 新築 薪ストーブ

設計コンセプト

「2世帯住宅+茶室、廊下幅は4尺5寸(1.36m)、LDKは大きく」とのご希望でした。弊社へのご依頼の理由は、付加断熱をして断熱性能を確保してほしいということからでした。

設計が仕上がっていく過程で、床面積(最終施工面積304m2)が大きくなって行くとともに、“空調の効率をいかに高めるか”という問題が常に頭の中にありました。

災害等でインフラがストップした時に備えることもかねて、薪ストーブを入れることに。この薪ストーブでイメージが固まりました。

建築地 益子町 竣工 平成26年 2月 見学

暖気が循環する家

薪ストーブの上に正三角形の吹抜けを作り、その対角線の先に階段を配置することで、ストーブから吹抜けを通って2階に上がった暖気がLDKなど、2階を横断して、対角線上にある階段を下って1階に降り、再びストーブで温められて2階へ・・という循環です。

施主様インタビュー

冬を過ごしたので伺ってみると、 奥様「下でストーブをたいてくれると2階はとても暖かいです。 日射があると暑いくらいです。」

1階はストーブの暖気が2階へ上がることも考えて、床下エアコンを設置。 床面積が大きいので、床下のエアコンから離れた床下には送風ファンで送っています。

夏は日射遮蔽をして、2階のエアコン1台をかけることでOKでした。

ここまで“完璧に”日射遮蔽をしてくださるOBさんはなかなかいらっしゃいません。日射遮蔽の大切さをあらためて確認させていただきました。 「建築屋として肩の荷が下りました・・・。」

断熱・換気・暖房

桁 上HGW16K105mm×4=420mm
外 壁HGW16K120mm+105mm
基 礎XPSb-3 ア)100mm XPSb-3 ア)50mm
サッシ東北西面:樹脂枠トリプルガラス・アルゴンガス入り
南面:複合サッシペアガラス・アルゴンガス入り
換 気熱交換80%(換気回数0.3回設定)
暖 房1F床下エアコン・薪ストーブ/2F エアコン

計算プログラム QPEX 2.73

相当延べ床面積(㎡)282.38
熱損失係数(w/㎡k)0.712*

計算式が床面積で熱損失を除するので、床面積が大きくなると数値はよくなる。

暖房エネルギーの低燃費度は

次世代省エネ基準120㎡モデルプランとの比較省エネ性能(暖房)7.5倍