「寒くない家」が欲しいで、地元、そして横浜まで足を延ばしていると、近所の”現場”にありました。 – やなぎたハウジング

たどりついたコンセプトはシンプル・イズ・ベスト。
北関東で快適なのに低燃費な新築・断熱改修工事をしています。

施工例

「寒くない家」が欲しいで、地元、そして横浜まで足を延ばしていると、近所の”現場”にありました。

真岡市・ O様邸 新築 超高断熱

設計コンセプト

日頃は70代ご夫婦二人暮らしの家ですが、子供が帰省したときに泊まる一部屋を2階に欲しい。ーーー設計を進めて行く過程で1階に対して2階の床面積が少なくバランスの良い外観として”大屋根”になりました。断熱性能は超高断熱です。

建築地 真岡市 竣工 平成27年 12月 見学

工事の流れ

空調

床下エアコンでなくてもスリッパなしで冷たくない。それは・・・

冬 室内の空気を床下に送る
床下の送風ファンによる圧力で、ガラリから室内へ0.4m/s 17.9℃の温度が上がってくる。※すべてのガラリの風量、温度はほぼ同じ

夏 逆転させて床下の空気を室内へ上げる
OB宅のデータでは8月の床下の平均温度25℃、その空気を室内へ。

夏用換気扇の目的

室内より外気温度が低い時など、網戸にして大きく開口しなくても、防犯上問題ない天窓などを開口するとかなりの通風が得られる

240m/mの超高断熱住宅では日よけは大切!

O様邸はQ値 0.84の2階建て。特に寒いのが苦手というご主人のご希望からはじまりました。

いい家に、住むことができました。

一年間住んでみて

私たち夫婦は、ハウスメーカーや地元のビルダー、そして、横浜まで足を延ばして家を見学に行き『いい家』をみつけたいと願っていました。
あるとき私たちのご近所でやなぎたハウジングが高気密高断熱住宅を建てているのを見て、職人さんの良い仕事ぶり、使われている材料、高気密高断熱の工法についてじっくり見聞きすることができ、納得できたのがきっかけとなりました。『オープンで無駄のない動線のプランや段差がない安心感もさることながら、リビングの床上エアコンだけで冷暖房を賄えて、この夏ほとんどエアコンを使わなくても大丈夫でした。
スリット式電動シャッターと夏用換気扇もスイッチ一つでスーッと風が通って快適です。以前の家の1/3の光熱費で済んだことに驚いています。
窓はトリプルガラスを採用しました。熱の入りも違うと感じています。すぐそばを救急車が良く通る道路があるのですが、ほとんどきこえないほど静かです。また、簾をかける庇を付けてくれたことも便利で、夏は助かりました。
家のどこにいても温度が一定で快適で、本当に希望通りの”いい家”ができたと満足しています。
『超高断熱住宅の住まい方を実践いただいたことが”いい家”ができたとの評価になった』と。作り手として感謝しています。

断熱・換気・暖房

桁 上セルロースファイバー 330mm
外 壁HGW16K120mm+120mm
基 礎XPSb-3 ア)100mm XPSb-3 ア)50mm 土間
サッシ東西南北面:樹脂枠トリプルガラス・アルゴンガス入り
換 気熱交換80%(換気回数0.3回設定)
空 調床上エアコン 1台

計算プログラム QPEX 3.31

延べ床面積(㎡)112.90
熱損失係数(w/㎡k)0.84
UA値0.25
相当隙間面積C値(c㎡/㎡)0.5

暖房エネルギーの低燃費度は

次世代省エネ基準120㎡モデルプランとの比較 暖房エネルギー88.5%削減
※灯油使用として